ドイツ語の数字の書き方や読み方

母国語以外を勉強しようと思うと、意外とつまづくのが「数字」なんです。
日本語でも、「いち、に、さん」という数え方だけではなく、「ひとつ、ふたつ、みっつ」や「いちにち、ふつか、みっか」など、用途によっては同じ数字でも読み方が全然違っていたりしますよね。
それはどの国でも同じで、ドイツ語の場合も数字の読み方が結構複雑なんです。
旅行に行った際には、数字がとても大切になります。
「自分の欲しい物がいくらなのか?」、「どのくらい時間がかかるのか?」など、数字がわかっていれば、なんとか聞き取ることが出来るはずです。
では、まず、簡単なところで、1から20まで覚えてみましょう。
0はnull(ヌル)、1はeins(アインス)、2はzwei(ツヴァイ)、3はdrei(ドライ)、4はvier(フィーア)、5はfunf(フュンフ)、6はsechs(ゼクス)、7はsieben(ズィーベン)、8はacht(アハト)、9はneun(ノイン)、10はzehn(ツェーン)、11はelf(エルフ)、12はzwolf(ツヴェルフ)、13はdreizehn(ドライツェーン)、14はvierzehn(フィルツェーン)、15はfunfzehn(フュンフツェーン)、16はsechzehn(ゼヒツェーン)、17はsiebzehn(ズィープツェーン)、18はachtzehn(アハツェーン)、19はneunzehn(ノインツェーン)、20はzwanzig(ツヴァンツィヒ)と、20までは覚えてしまえば簡単です。
ここから先が実に複雑で、日本語では考えられないような数の数え方になります。
例えば、25の場合には、「5」という数字を先に言って、その次に「20」という数字を言う数え方で、funfundzwanzig(フュンフウントツヴァンツィヒ)と表現します。

関連ページ

日常会話で使うドイツ語ってどんなの?
ドイツ語を学ぼうとしている方はたくさんいます。難しいドイツ語に躓かないためにはどんな対策が必要なのでしょうか。ここでは、ドイツ語の勉強法、上達法について解説しています。
ドイツ語のことわざって?
ドイツ語を学ぼうとしている方はたくさんいます。難しいドイツ語に躓かないためにはどんな対策が必要なのでしょうか。ここでは、ドイツ語の勉強法、上達法について解説しています。
ドイツ語の挨拶って?
ドイツ語を学ぼうとしている方はたくさんいます。難しいドイツ語に躓かないためにはどんな対策が必要なのでしょうか。ここでは、ドイツ語の勉強法、上達法について解説しています。